本を書きたい人のための執筆コーチング(二木拓磨公式サイト)

執筆の豆知識(5)

読みやすい文章を書く方法

どうしたら読みやすい文章が書けるのでしょうか。

それは、読者に語りかけるように書くことです。

語りかけるように書くとは、語り口調の文体にするということではありません。

「こう書いたら、読者はなんて思うかな」

という視点を持って、読者の気持ちに答えるように書くということです。

わたしはこれを「読者との会話」と呼んでいます。

「読者との会話」を意識することで、「ちょっとわかりにくいかもな」と感じたときに具体例を入れたり、「ちょっと硬すぎたかな」という時には、失敗談を入れたりすることができるようになります。

「文章を短くする」「否定文を肯定文にする」「専門用語を使わない」などの細かい工夫は、文章を推敲する段階で構いません。骨子となる文章を書くときに大切なのは、読者の存在をどれだけ感じているかなのです。

まとめ

読者に語りかけるように書く

info@adventure-writing.com TEL 090-8507-6035 平日10:00-17:00

PAGETOP